中百舌鳥展示場
2012年1月23日

スグレモノ

堺泉北店のブログヘようこそお越しくださいました。
今年の抱負を、『入社当時の体重にまで落とす』ことに決めました本村です。
昨年一年、春に足を怪我したこともあり、一気に体重が増加し、
年末のオーナー様訪問のご挨拶では、皆様口をそろえるように
「太ったね」「丸くなったね」と仰って頂き、決心した次第でございます。
目標はマイナス8kg!!
随時ブログでも経過報告させて頂き、挫折しないようにしたいと思います。。。
本日は、昨年我が家にやってきました『スグレモノ』をご紹介したいと思います。
それが、コチラ↓↓↓
%E7%89%A9%E5%B9%B2%E3%81%971.jpg
??写真だけではなかなか分かりにくいですね~。
携帯電話と比べてもそれほど大きいものでは無いこの商品、
実は、室内物干し用のワイヤーなんです!
昨年ご契約いただきましたお客様との打ち合わせ中に、
“何か良い、お洒落な物干し”は無いか?とご質問を頂き探したところ、
この商品と出会ったのです。
元々共働きで、ほとんど室内干しだった我が家にとっても
非常に魅力的に思いましたので、まずは自分で体験!と思い、
早速ネットで購入して使用開始!!
%E7%89%A9%E5%B9%B2%E3%81%972.jpg
説明書には耐荷重10kgと書かれているのですが、ご覧の通りかなりの
量の洗濯物を干しても今のところ問題ございません。
こちらの良いところの1つは、ワイヤーを収納するときのスピードが
人の歩くぐらいのスピードという安全設計になっていること。
実際戻るところを最初見たときは、なかなか興味深いものがありました。
%E7%89%A9%E5%B9%B2%E3%81%973.jpg
そして、なんといってもこのデザインが最大の特徴ではないでしょうか。
部屋のインテリアを邪魔しないシンプルなデザイン、
サイズも幅8.7cm・高さ12.1cm・奥行き5.95cmというコンパクトさ!
実はこれが購入することを決断する最大の要因だったんですよね。
価格も手ごろな価格で、(確か一万円いかなかったと思います。)
ちょっとした工具があれば自分でも取り付け可能な商品ですので、
お勧めできると実感しております。
下記HPにも詳しく載っておりますが、ご興味もたれて体験談にも
ご興味ある方、是非堺泉北店の本村まで
お問い合わせ下さいませ~!
http://www.moritaalumi.co.jp/product/interior/archives/200811015.php

2011年11月27日

現場でこそ!!

堺泉北店のブログヘようこそお越しくださいました。
今日は少し早起きし、注目されている大阪府知事の選挙に行ってから
出勤いたしました本村です。
色々と選挙には参加させてもらってきましたが、今回の府知事と市長のW選挙、
大阪府民としましては、これから大阪がどうなって行くのかとても興味のある
選挙ですね。
さて本日は、建築中のお客様宅で行いました打合せの様子をご報告いたしますね。
2週間ちょっと前に据付をしましたB様邸、早くもクロスを貼る前段階まできております。
工場発注までの打合せにて、しっかりと細部まで詰めた打合せを行うのですが、
どうしても平面でのお話が中心となり、なかなかお客様には高さのイメージや空間の
イメージまでお持ちいただくことが難しい部分が出てくることがございます。
今回のケースではこんな部分↓↓↓
%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E6%A7%98%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E4%B8%8B.jpg
階段下のスペースを有効利用し、洗濯機置き場として活用しているのですが、
その横のスペースにも少し収納スペースとして活用できるのではないかと
打ち合わせ中からお話していたのですが、実際に見てみないと分かりにくいと
いうことで現場にて確認することに。
やはり洗濯機を置いても横にスペースが出来そうなので、階段下をいっそう
くりぬいて、洗剤等の収納スペースに。
限られたスペースの有効活用が出来、お客様にもお喜びいただけました。
こちらはお庭のフェンスの高さ確認中。↓↓
%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E6%A7%98%E5%A4%96%E6%A7%8B.jpg
このように、道路から敷地までの高さに高低差がある場合、道路から見たときの
フェンスの高さと、家の中から見たときのフェンスの高さには大きな違いがあります。
これも、図面で打合せしているだけではなかなか感覚がつかめませんので、
実際に両方から確認いただき決めていきます。
トヨタホームでは、お家の85%を工場で生産するため、ほとんどの内容を
発注までに決めていくのですが、なかなか3次元での感覚までつかみにくいと
いったことがちょくちょくございます。
そんな時は今回のように、現地・現物の考え方で、お客様に実際にご覧頂き、
ご納得いただいた上で進めるようにしております。
こういったところにも、トヨタ生産方式の考え方がしっかり根付いているトヨタホーム、
他にも色々トヨタイズムを受け継いでいる所がございますので、
是非皆様一度トヨタホームの展示場までお越し下さいませ。
皆様のお越しを心待ちに致しております。

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
バックナンバー